低体温対策 マフラー

冬のピーク
この時期注意したいのが「低体温」だ。

低体温の状態が数時間続くと、風邪をひくと言うレベルを超えて、

血流の不全などから循環器機能に障害がおき、バイタルが下がって意識を失うことがある。

実際、私の友人の一人は気温が10℃前後であったにもかかわらず、低体温対策をしていなかったために凍死してしまった。

だから、このサイトに来ていただいた皆さんには決してそんなことが起こって欲しくないのだ。

単純明快な方法の一つ。

首筋を暖めるのだ。

頸動脈は脳に血液を運ぶ大切な血管だ。

これを暖めることで全身の恒常性を保とうとする働きが活発になる。

また、首の背中側の下の方に黄色脂肪細胞という、代謝に大きく関わる脂肪の細胞があり、この付近が暖まることによって全身の代謝を上げ、保温効果が期待できると考えられている。

具体的には、冷えた体は、マフラーを首に巻いてあたためると全身があたたまりやすい。
布一枚で全身を暖められるマフラーは便利だが、せっかくだから洒落た物をどうだろう。