車中泊の心得

やむを得ず車の中で一夜を過ごさなければならないこともある。

車中泊をする場合には、それなりの心得と言うものが必要だ。

 

まずは交通ルール違反にならないこと。

不審に見られてしまわないこと。

近隣に迷惑をかけないこと。

ゴミは出さない。

エンジンはかけっぱなしにしない。

ラジオやテレビ、オーディオなどの音量は絞る。

ただし、獣を避けるためにと言うのであれば、獣の種類によるが、ほどほどの音量でも効果はある。

誰も住んでいない山中であっても、山の所有者はいるのだから気を使おう。

 

そして、体調管理。

水分はこまめに。一口づつ、数十分おきに。

冷たすぎる水は避けよう。

以前も書いたが、特に低体温は危険だ。

 

さて、車中泊に快適な方法として、

温度管理には寝袋。

体圧分散(寝心地)には車用のマットがサイズ的にも良い。

カーシートのでこぼこをカバーしてくれるものもある。

いろいろあるから、自分の車に合うものはどれか、

見てみるのは楽しいぞ。