アウトドア リュック

山だろうが海だろうが、タウントレッキングという街歩きだろうが、

片手が塞がっていたらアウトドアらしくない。

両手が自由だからこそ、野外活動、屋外活動に幅が出来るというものだ。

そのためにはリュックという便利な鞄があるではないか。

おっと、その前に、、、

荷物をなるべく少なくすることから始めよう。

ぶっちゃけ財布なんて要らない。

現金をリュックの秘密っぽいポケットに入れれば良い。

もっと言うなら、現金も持ち歩かない。

カードでいい。

カードも持たないとなれば、スマホにクレジット機能を搭載しよう。

ここまでできたら、ほかの持ち物も同じだ。

機能がカブる持ち物は何か一つで兼用できるようにまとめてしまおう。

そこで不安になってしまうならば・・・うーん・・・

それがアウトドア修行だと思ってくれれば良いのかな?

もちろん外遊びの間だけの話なので、ちょっとくらい工夫してみようではないか。

 

とはいえ、お気に入りの小説の単行本一冊くらいは持って歩きたいのだがな・・・

 

さて、お気に入りのリュックを見つけてみよう。

素材による機能(防水、耐摩擦など)
形状による機能(厚みや長さ、フレーム付きなど)
外観部分の機能(外ポケット、肩ベルト、腰ベルト、ボトルホルダーなど)
内部の機能(内ポケット、着脱式パッドなど)
お気に入りになるためのデザイン性や色合い。

これらをリュック選びの参考基準にしていただければと思う。

 

なんとなく春めいてきた気がしないだろうか?