紫外線 素肌 対策

一般に紫外線の一番強いのは5月と言われる。

それは、5月は晴天の日が多く、比較的空気が澄んでいて、夏至に近いことで日照角度が高くなり、太陽光の照射量が多く反射反映されるためだ。

その理屈で言えば、6月でも7月でも、春夏秋冬関係なく、晴れた日で空気が澄んでいたり、

反射されるもの(海面、木の葉、ビルの窓やコンクリート壁面、舗装道路・・・・)があれば紫外線は避けられない。

紫外線の影響と言えば、日焼け、日焼けによる皮膚疾患(皮膚がんも含む)などがある。

殺菌作用もあるので全く紫外線を敵視する必要はないが、素肌に浴び過ぎるのは注意だ。

日傘、タープ、帽子、、、いろいろ対策は考えられる。

そんななかで手っ取り早く、しかもその後がハンズフリーになれるのが日焼け止めクリームだ。

女性はメイクの下地に使うと良い。

また、腕や脚にクリームを塗った後、ゆったり目のロング丈を着用したらなおさら心強い。(タイトなものだとこすれ落ちることがある)

汗に強いタイプを選ぼう。

男性でも皮膚がんなどの疾患、あるいは軽度のやけど状になるのを予防したい。

汗っかきなら、汗が出るたびにタオルを押し当てるように拭おう。

乾いたタオルよりも濡れタオルのほうが効果がある。

(汗の対処法はいずれまた)

 

日焼けしたいのなら、日サロでこんがり下地焼けを作るといい。

メラニン色素で先に防御しておくということだ。

 

美肌の発想だってあるだろうし、日焼けしたくなければ対策はちゃんとしよう。