アウトドア ナイフ

アウトドアライフに必要なアイテムの中には、

少々使う技術が必要な物がいくつもある。

その中で、今回は「刃物」について書いてみたい。

アウトドアで使う刃物だが、当然「銃刀法」に違反してはいけない。

持ち歩くときは鍵のついた箱形のケースに入れ、ちゃんと施錠してもらいたい。

これを守っていただけるなら、かっこいい刃物をご紹介する。

サバイバルナイフではない。

いわゆる「狩猟ナイフ」や「鉈(なた)」だ。

使い慣れればいろんなことができる。

釣ったばかりの魚をシメたり、調理の際にさばいたり。

山で許可をもらって山菜などを採ろうというときに、蛇よけに下草を刈り除いたり。

 

使うときの注意だ。

上級者でない限り、いわゆる「刺す」という動きはしないこと。

手前に引きながら切る動きが一番怪我が少ない。

そして、切る方向に手や足を置かない。

鉈の場合は、振り切るのではなく、「ポンポン」と軽くたたくような動きがいい。

和太鼓を叩く感覚に近いかな?

念のため、勉強になる本を紹介しておこう。

これを読めば、さっきの注意事項よりも上のことができるようになるはずだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アウトドアで活躍!ナイフ・ナタ・斧の使い方 [ 鈴木アキラ ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/4/7時点)

 

 

くれぐれも、怪我をしない、怪我をさせない。

刃物を扱えれば一人前だ。その覚悟を持ってくれたまえ。