ピクニックに保冷バッグ

軽めのアウトドア活動にピクニックというものがある。

日帰りどころか、半日のお出かけでもいいのだ。

手荷物はランチボックス、そして身の周りのものは最低限でいい。

もう暖かくなった。

ご飯(米飯)は、実は食中毒菌の大好物なのだ。

湿気、温度、栄養価。どれもそうだ。

特におにぎりは手で直接触りがちだ。

だから、保冷バッグに入れたい。

熱々のご飯を、ランチボックスに詰める分量だけ、

平たい皿に一度取って、ウチワで冷まそう。

急冷することで、冷めてもおいしいご飯になるぞ。

 

あ、別にパンでもいいのだな・・・

 

とにかく食中毒には気をつけたまえ。

季節がら、黄色ブドウ球菌は怖いぞ。

手をしっかり洗おう。浄水器の水やミネラルウォーターより、

次亜塩素酸ナトリウムが入っているので水道水の方がいい。

 

濡れタオル(おしぼり代わりにも、汗拭きにも)を用意しよう。

 

楽しいピクニックを!